オジサンのEXCITING日記

<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

ヒノ・サムライ

 1967年5月の第4回グランプリに出場すべく作られて車両にヒノ・サムライがあります。
 ピートブロックのデザインであったが、車検失格で走れませんでした、ダイハツP−5も出場資格タイム2分20秒を切れずに出場できず、ポルシェ906が3台、ニッサンR380が4台、ローラT70の改造車両が2台、という寂しいレースになってしまいました。
 今回はヒノ・サムライをモデル化しましたが、資料が少なくて難渋しました。
c0205873_16361160.jpg

 なんとか12月6日の甲府の日本グランプリに出場すべく精力的に作ってきましたが、リアのウイングを どおする・・・ず〜っとネックでした。
c0205873_16454421.jpg

 ゴムからリアウイングを引き抜く作業は難しいかもしれません
c0205873_16474346.jpg

 でも、この方法が一番簡易であると思いました。
 1mmのプラ板を骨格にパテを盛って、硬化する寸前に彫刻刀で削り出すという作業を繰り返し、タミヤのパテを3本も消費して、やっと ここまで来ました。
c0205873_16561458.jpg

 残すはスジ切り、ホイルパターンの制作、バキュームパーツの削り出し、などなど が残っていますが今週中にゴムに沈め、次回のブログには勇姿の写真を掲載したいと思っています。
 トレッドを70mmにしたいと思ったのですが、リアは ちょっと狭くなるようです。
[PR]
by nabe736085 | 2014-11-25 17:05 | Comments(6)

タミヤフェア

 11月15日(土)7時に半田のディーノに集合・・・ということで、毎日が日曜日になってから一番の早起き
c0205873_19595588.jpg

 5時半に家を出たら、6時半にディーノに到着、道が空いていると1時間ほどでディーノに到着する、時間的にはトイスタジオより近く感じる。
 7時過ぎに5名で静岡に出発し、10時頃にはツインメッセに到着
c0205873_204943.jpg

 タミヤ製品が30%offが多く、缶スプレーやらパテ、コンパウンドなどなど、普段はバーゲンで買えない物を中心に購入
c0205873_2071490.jpg

 買い物をすると購入価格千円に対して百円の割引券をくれるので、その割引券を使うために2回もレジの行列に並んでしまった・・・買う物が だんだんショボクなるが40%offを狙う(汗)
 少々 早いが昼食を食べ、ホットジョイへ
 1時間ほど走行会を行って、ホットジョイでも お買い物
c0205873_20122844.jpg

 皆が上を見ているのは、棚の上の古いプラモデルを物色しているからだ(笑)
 夕方にディーノに戻り、今年最後の定期戦に参戦
c0205873_2014773.jpg

 ディーノの今後の予定は、11月29日(土)は11時〜フォックス闇鍋耐久、12月13日(土)は19時から隣のスポーツバーで忘年会、12月30日(火)は11時から年末耐久 ラビット闇鍋。
 新美さんは静岡の翌日は札幌のアトリエM1へ遠征・・・寒そうだけど いいな〜
[PR]
by nabe736085 | 2014-11-17 20:30 | Comments(2)

ヒノ・サムライのボディーを作りながら

 我が街の燃えるゴミの収集は週に2回、月曜日と木曜日は作業部屋の中の捨てられる物がないか探すのが日常となりました。
 何度も、何度も捨てる物と残す物を仕分けをして行くと、少しづつですが身の回りの物が少なくなって行きます。
 今日も新作のヒノ/サムライのパテを盛って硬化するまでの時間で捨てる物を選別し、残す物の再生作業をしております。
c0205873_16495980.jpg

 後のタイヤにボディーが被っていますので、トレッドは70mmは無理のようですが、なんとか65mmは確保したいと思いながら作業をしています・・・オーバースケールです(汗)
 12月6日の甲府のレースに出場できるように突貫作業です、時間を節約するためにプラ板で骨組みを組んでパテを盛って、リューターで削るという荒っぽい作業です。
 今日はボディー作りの合間を見ながら、キャノン・パワーショットA5の電池の再生をしました。
c0205873_1762440.jpg

 1998年製のカメラですから買ってから15年ほど経過して、電池がパンクしているようです。
 バッタ物を買えば千五百円ほどで購入できますが、百円ショップで単四のニッケル水素が買えますので、プラのケースの接着部分を割って、中味を入れ替えます。
c0205873_1712457.jpg

 数十分の作業で電池は生き返ります。
c0205873_17141742.jpg

 80万画素でズームも付いてないデジカメを使うかどうかは分かりませんが、電源を入れるとレンズカバーが収納されて、レンズが少し前に出てくる・・・その動作が愛らしい
 身の回りの物って、気に入った所がないと使い続けることはできませんね。
 さて、明日はヒノ・サムライのケツを作りながらゴミ出しです。
[PR]
by nabe736085 | 2014-11-10 17:31 | Comments(6)

プラフィット4

 EXCITINGニュースのバックナンバーを調べると・・・
 1986年4月 シグマがプラフィットと言うインラインのリジットのシャーシを発売いたします。
 当時はAYKのピアノ線にNew16DかFT270S、ムラを搭載して、バキュームボディーで走らせるのが主流、名古屋のサーキットではプラフットが購入できず、横須賀のドブ板通りまでシャーシを買いに行った思い出があります。
 その後、フローティング構造が追加された改良型のプラフット2やエボリューションが発売された。
 1990年にAYKがスロットから撤退し、名古屋でも大規模コースが2店舗が潰れた・・・僕のホームコース、道徳模型は3レーン・30mという小規模コースで愛好者の数も少数でした。
 シグマのパーツで行くかサカツウのパーツで行くか、大議論の末、不良在庫を増やさないパーツ数が少ないプラフィットだけで営業を続けることにした。
 1996年6月にエクセルシャーシを発売してサカツウを圧倒
 2003年10月にプラフィット3を発売、1/24と1/32を最初から揃えた。
 2014年10月にプラフット4を発売、バリエーションは大型車用と小型車用で1/32の発売はまだ無い。
c0205873_2013793.jpg

 プラフィット3との共通部品はモーターブレイス、モーターステイ、ウエイト、ネジやスペーサー類だけである。
 室内まで作り込みたい愛好者にはSCUユニットが邪魔して絶望的だ
c0205873_20205346.jpg

 フロントシャーシとリアシャーシを繋ぐSCUボトムプレートはプラスティックの消耗品で定期的に交換する必要があると説明書には書いてある。
 走行した感覚は よくフンバル タイヤ幅はコースの規模によると思うが、僕のようにコーナーの奥まで飛込んでフルブレーキするようなドライバーは少し細いタイヤを使ったほうが良いと思った。
 煮詰めるには、まだ時間が必要ですね(汗)
[PR]
by nabe736085 | 2014-11-04 20:34 | Comments(4)



スロットレースを追って日本全国を北へ南へ
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
お気に入りブログ
最新のコメント
くまごろー さん  豊..
by nabe736085 at 18:38
まさにホンモノの稲荷寿し..
by くまごろー at 14:56
 オーバーレブ さん ..
by nabe736085 at 20:09
オーバーレブ さん ..
by nabe736085 at 15:58
見事な大樹ですね、素晴ら..
by オーバーレブ at 14:03
 あんじぇりか さん ..
by nabe736085 at 00:26
 あんじぇりか さん ..
by nabe736085 at 00:10
「吾輩はスイッチである」..
by あんじぇりか at 22:55
しだれ桜、見事ですね!!..
by あんじぇりか at 22:46
 クマゴロー さん  ..
by nabe736085 at 09:34
メモ帳
最新のトラックバック
venussome.co..
from venussome.com/..
http://while..
from http://whileli..
http://while..
from http://whileli..
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧